観音娯楽大作

フリーにフリーを掛け合わせ、出鱈目に無茶苦茶を掛け合わせての音楽破壊に励んでいたチルドレンクーデターとその一派だが、ここに来て突然ロックでポップなバンドに変身すべく、娯楽作品を至上命題に制作に取り組んだ渾身のアルバム。アルバムと言ってもカセット。録音適当ミックス適当何もかも適当。
娯楽大作と名付けただけあって、「明日輝く」「オカダナ」「過労BOY」「ミラレシ」など子供革命国家オリジナルヒットチャート上位の名曲に満ちている。

ブックレットはタイトルに合わせて観音開きを多用したデザイン。

完全お手製のライブ手売り+レコード店委託。しかし良い時代だったので結構売れた。好きに作って好きにデザインして好きに売る、これに気をよくして、以降自主カセットをちょろちょろ作っては小さく手売りするという癖がついてしまうのである。この志の低さがチルドの特徴であり、野心を放棄した態度の象徴であろう。

Tracks:

Chica’s Tempo
Stick Step Skip
あした輝く
になえつつ
ぼくは男のくせに襟足が長いの
オカダナ
クーラー
サンフランシスコティシュー
テスケレ
ミラレシ
ユーズドゴーンアゲイン

過労BOY

1985年 オリジナルアルバム / カセットテープ

観音娯楽大作 Booklet