[Report] BooNight 4

レポート 1

渋谷「青い部屋」は作家であり、シャンソン歌手の戸川昌子の店。
ライブスペースの他にガラス張りの占いルームがあってライブ演奏中にも占いが行われているという摩訶不思議な空間。

今回の出演は
*ダムジョン&サイトウエレトリコ
*ボスチーズ
*荻窪圭のキュービックVR(映像とチルドレンクーデターのメンバーとの
インプロヴィゼーションによるセッション)
*チルドレンクーデターVer.Boo

足踏みオルガンと犬の着ぐるみのジョン、ダムヤマザキのユニット、ダムジョン
にサイトウエレトリコが加わって、エレクトリックなニュアンスと
超個性とのミックス感が独自の世界を醸し出す。
特筆すべきはジョンのセクシーダンス。
サイトウエレトリコとダムヤマザキの演奏をバックにキュートなお尻をふりふり。
「え、ジョンが踊ってる」と目をみはってしまった。

ボスチーズはちょっとネオサイケっぽいブルージーなサウンドで
昔聴いたことのあるような懐かしい感じ。

荻窪圭のQuickTimeによるキュービックVRの撮影会は
その場で撮った会場の3枚の映像が360度ぐるりとつながった
瞬間のお客の反応は前回と同様にすごかった。
その後あらかじめ荻窪氏が撮影してキュービックVRにしておいた
映像に合わせてチルドレンクーデターの即興演奏。
サンフランシスコの高級ホテルのトイレや室内、モダンアート美術館、
当日撮ったばかりの渋谷のスクランブル交差点などの映像。
キュービックVRでグリグリと360度回転させると
まるで万華鏡を覗いているような、ちょっと酔ってしまいそうな気分になり
不思議な体感を覚える。
この映像と即興演奏によるセッションは2回目であるが
まさにピタッとはまっていて、即興とは思えないくらい絶妙な演奏で
さらにまたシャンソンのライブハウス故かピアノの状態がすこぶる良くて
その美しい音色に心が洗われるようだった。

チルドレンクーデターVer.Booの演奏は
曲をおうごとに力が入っていった感じ。
というのもMCの最中にオーナーの戸川さんがあれこれと話しかけてこられ、
細井氏とのテンポの良いかけあいによって、お客もぐいぐい引き込まれて
いった感であった。
3曲演奏してバテ気味のメンバーに戸川さんがお酒をふるまわれ
しばし休憩、、、(ライブの途中でしかもたった3曲めで)
というくだけた雰囲気がまたよかった。
その間、生方氏が持参したテルミンの即興演奏。
こんなところで生テルミンが聴けるとは。
あまり気づいている人がいなくて残念。
チルドレンクーデターとしては珍しいカバー曲
ブリジット・フォンティーヌの「ラジオのように」や
まだタイトルもついていない出来たてほやほや(?)の新曲もあり
聴きごたえのあるライブであった。

アンケートの結果をみてもなかなか良い反応で
BooNight東京編はとても好評だったようである。

by Nappa

チルドレンクーデターLive