チルドレンクーデター 概要

チルドレンクーデターって何ですか。こういうのです。

概要

チルドレンクーデターは1982年に開始されたバンマスホソイヒサトによるユニットとなります。

長期間続いているかのようですが、年月の波の中で活動したり辞めてしまったりしてきましたので密度は薄めです。さほどキャリア感はありません。

1983年にカセットブックが発売されたのでその件で今でも時々話題に出ることがあります。

最新は「自由の恐怖」というCDが発売されています。EP-4オリジナルメンバーでもある鈴木創士氏を交えての渾身の一作ですので必ず買ってください。

「チルドレン・クーデター」という表記をよく見かけますが中黒なしの「チルドレンクーデター」が公式名称です。

音楽

チルドレンクーデターの音楽はフリーでポップ、パンクでジャズ、民謡で童謡、メロディアスでリズムフル、自由で不自由、適当でキメキメ、万人向けニッチの音楽となっております。

映像

バンマスには音楽の素養がなく演奏家としての実力がない。音楽は表現活動のひとつあるいは気狂い生活の捌け口のひとつとして機能しており、そのため近年のライブでは演奏と共にビデオ作品の上映にも力を入れている。
しかしバンマスには映像作家としての素養がない。映像は表現活動のひとつあるいは気狂い生活の捌け口として機能しており、そのため近年の上映会では音楽の演奏にも力を入れている。

略歴

1982年から開始し、83年にカセットブックで「謎の少年楽団」と言われメンバーが内緒にされ、おかげで謎のまま何も起こらずに時が流れた。

1984年以降、ピアニストとジャズドラムが脱退して代わりにロックマガジン系の勝野タカシが参加することによりロックっぽくなる。「観音娯楽大作」「制裁を加える」など派手に動き回る。その後一旦解散。

1987年以降、再び活動。世の絶望をはかなんで「欲情する機械」「Twin Black Buss」など。この時期はゲストや一時メンバーとして絡みのあるいろんな人と共演。その後一旦解散。

1990年以降、再開。過去作品をまとめたCD「マゾ的楽器」発売。この時期の主力はもともとゲストメンバーだった磯田収。

1995年以降、F.M.Nサウンドファクトリーより「puppet reaction」を発売。あれこれ活動の末、法政大学でのライブを最後に解散。

2000年以降、宴会バンドをやることになったが面倒臭いのでチルドレンクーデター ver.Booと過去バンド名を付けてしまう。この時期の主力は、これ以降長い主力奏者となるサックスのmahi-mahiと、筒井康隆氏とのトリオ演奏がきっかけで意気投合した生方則孝。「Boo Night」というイベントを行い、青い部屋では戸川先生に褒められた。その後、解散。この時期は録音作品が残っていない。

2006年以降、90年代の主流メンバー磯田収と再会し、チルドレンクーデターとしてときどき活動することに。
2009年以降、実は歴史上チルドレンクーデターの真の主力奏者であるバイオリンのK子と再開、チルドレンクーデター復活。

2013年以降、EP-4の復活やその絡みのイベントを通して鈴木創士がゲストメンバーとなり、2014年「自由の恐怖」にも参加。